日本ではジェネリックの普及が少ないわけ

ジェネリック医薬品というのは、特許権が切れた先発品の有効成分などをそっくり利用して、先発品と同じ効能をもつようにした後発の医薬品のことであり、新薬開発などに必要なコストがかからないことから、先発品よりもかなり安価な値段で提供できるという特徴があります。
日本ジェネリック製薬協会によれば、欧米ではジェネリック医薬品の普及率は6割にも達していますが、残念ながら日本では2割にとどまっています。国民皆保険制度のもとでかつてない高齢化が進んでいる日本では、このジェネリック医薬品の活用によって大幅な医療費削減が期待できるため、厚生労働省としても推進をしているところですが、効果はほとんど上がっていません。
その理由として、特に高齢の患者の側にはジェネリック医薬品は先発品よりも効き目がないのではないかという誤解があり、いっぽうの国を見ても、医薬品通販などを容易に認めない規制といったものが挙げられます。薬局などもこのような状態では在庫を増やすと赤字になるおそれがあるため、結果としてジェネリック医薬品の安定供給も進まないという悪循環になっています。
例えば、性行為などで感染するヘルペスウイルスに効く医薬品としてバルトレックスがありますが、これは日本国内では医師の処方箋がなければ法律の規制によって一般的には購入ができず、通販も認められていません。ところが、海外ではバルトレックスの正規品のほか、正規品よりも安いバルトレックスのジェネリック医薬品も数多く出回っており、気軽に購入することができます。
日本でもいちおうは個人輸入という形式であれば、処方箋がなくても海外から通販で取り寄せることは可能であり、現在ではこうした方法でジェネリック医薬品にアクセスする患者も増えてきています。