バルトレックスにはジェネリックもある

バルトレックスは、イギリスに本社を置いている世界的な製薬メーカーであるグラクソ・スミスクライン社が開発したもので、ヘルペスの治療薬として高い評価を得ています。
ヘルペスというのは、ヘルペスウイルスが感染して引き起こされる病気で、感染した場所付近に小さな水ぶくれができて痛みがあります。昔は衛生状態がよくなかったため、わが国でも幼児期に普通に感染して免疫がある場合が多かったのですが、現在では免疫のない人も多いことから、はじめて感染する場合には症状が重くなるケースがみられます。具体的には、水ぶくれのほかにも、38度以上の発熱があったり、リンパ節という部分に腫れが出てきたりといった症状となります。
このバルトレックスによる標準的なヘルペスの治療方法としては、1錠を1日2回、5日ほど服用し続けます。そのほかにも、ヘルペスはウイルスが体内に潜伏して再発しやすい病気ですので、1錠を1日1回、毎日服用し続けることによって再発予防を行うという治療方法もあります。
特に再発予防のような場合は、毎日服用しなければならないため、バルトレックスの正規品を使っていては、薬の価格だけでもひじょうに気がかりです。日本国内では医師に処方してもらって一律の薬価で購入するしかありませんが、海外からの通販であれば、より安価に入手することが可能です。
海外通販の世界では、バルトレックスのジェネリック医薬品も存在しており、特にこの分野で有名なインド製のものであれば、正規品のバルトレックスの3分の1程度の価格で済ませることができます。現在では海外通販専門のサイトもネット上には数多くありますので、こうしたものを積極的に利用してみるのもよいでしょう。